スルガ銀行カードローン

スルガ銀行のカードローンは収入証明書は必要なのか?

投稿日:

お金を借りる際には自分の収入を証明することで返済能力があることを審査する金融機関にアピールすることができます。

消費者金融の場合は貸金業法によって50万円以上の借り入れの場合は収入証明書が必要になり、複数から借り入れている場合には合計して100万円を超えると収入証明書が必要になります。

ですがこれは消費者金融や信販会社など貸金業法が適用される金融機関の話であり銀行法が適用される銀行カードローンの場合は収入証明書が必要になる条件などが定められていません。

銀行カードローンの場合はそれぞれの銀行によって収入証明書が必要になる利用限度額が違います。

収入証明書はどんなものを用意すればいいのか?

一般的に銀行カードローンや消費者金融などで収入証明書を求められた場合には源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細、納税証明書などが必要になります。

源泉徴収票や納税証明書などの場合は紛失してしまっている場合などには再発行までに時間がかかることがあるので給与明細2ヶ月分で確認するというところも多いようです。

スルガ銀行のリザーブドプランは500万円以下なら収入証明書は不要!

スルガ銀行が提供するカードローンであるリザーブドプランは銀行カードローンでは珍しい即日融資や即日振込に対応しており、金利は年3.9%から14.9%、最大融資可能額は800万円となっています。

担保や保証人は不要でスルガ銀行が指定する保証会社の保証を受けることができるというのが条件です。

そして収入証明書は500万円以下の希望利用額であれば原則不要となっています。

収入証明書に関する明確な定義がない銀行カードローンですが、たいていの場合は100万円の希望額を超えると収入証明書が必要になることが多いので500万円というラインは珍しいと言えるのではないでしょうか。

スルガ銀行のカードローンで500万円以上の借り入れを希望する場合には収入証明書は源泉徴収票、市県民税の課税証明書、給与明細となっています。

郵送などでも提出することができますが、WEB申し込みでアップロードすることで簡単に提出することができ審査もスピーディーになります。

貸付条件の中にある安定した収入とは?

基本的にキャッシングやカードローンの貸付条件に必ずと言っていいほど盛り込まれているのが

安定した収入があること

です。

毎月お給料などで継続して一定の収入がある人のことを言います。

いくら年収が高くても収入が入ってくるスパンが3ヵ月に一回、半年に1回となると安定した収入とはみなされず審査でも不利になってしまいます。

返済は月一回、審査ではこの返済能力があるかどうかを判断しているのです。

まとめ

スルガ銀行のカードローンは原則500万円以下の希望であれば収入証明書は不要となっています。

500万円以上の借り入れでも比較的手軽に用意できるものを提出するだけなので難易度が高いということはありません。

-スルガ銀行カードローン

Copyright© 【スルガ銀行カードローン】審査・口コミはどう?今すぐ低金利でお金を借りたい方‎へ , 2017 AllRights Reserved.